高齢者専用賃貸住宅経営について株式会社坂本組

HOME > 土地の有効活用 > 高齢者専用賃貸住宅経営

高齢者専用賃貸住宅経営

長期に安定収益が期待できる!
高齢者専用賃貸住宅(略称:高専賃)の経営をオススメします

高齢者専用賃貸住宅とは 国土交通省は厚生労働省と共同で高齢者の居住安定を目的に、十分なバリアフリー対策を施すなど高齢者の居住に適した賃貸住宅の供給促進に動き出すことが決定しました。
その背景には2015年には高齢者の単身・夫婦世帯が約1070万世帯に達すると試算されており、高齢者のライフスタイルやニーズに即した新しい住まいの提案として「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)が注目されています。

長期的な安定経営が可能です!

高齢者向け集合住宅・介護施設は地域の高齢者の皆様に喜ばれる施設として人気・ニーズとも高まっています。
当社では、神奈川県内で展開する介護事業者及び介護事業者ネットワークの強固な関係を構築し、安定した事業運営を行うためのご提案、最良のコンサルティングを実施しております。

高齢者専用賃貸住宅経営のメリット

オーナー様 20室でも投資総額
1億8,000万円以下
利回り10%

※地域により9~12%
パートナーの介護事業者は当社がご紹介
入居者様 利用料金 125,000円~
(家賃・管理費・食費込み)
※お二人様での入居の場合。
※お一人様の場合は98,000円~
夜間の見守り・緊急時の対応・食事のサービスを含む・専有面積25㎡・バス、トイレ付
介護事業者様 入居空室リスクがない。
小さなデイ、訪問介護事業者様
も参入可能。
小規模でも採算性がよい。

当社の高齢者専用賃貸住宅経営の特長

その1. 工法と建物構成を工夫し、建設費を従来の85%程度にすることで、割安な入居費用を実現

その2. プログラムの改善により、地元の介護事業者様が取り組みやすい運営方式を提供

その3. 建物規模が小さいので、地主様も気軽に大家になれます。

お互いの必要としている部分を補完し「お互いに利益を交換して相利共生する」その仕組みを活かすシステムがあります。
詳しくは当社までお問合せください。

坂本組へのお問い合わせはこちら

高齢者専用賃貸住宅経営 戸建賃貸住宅経営 店舗開発

このマークの意味は?