土地活用

賃貸住宅経営なら、坂本組。高齢者専用から戸建まで有効活用しませんか?

土地活用で高齢者用介護施設

介護施設経営は社会貢献性も高く、種類によっては行政からの補助金が出たり、 比較的規模の大きな土地を収益性や節税効果を確保しながら活用できるため、 地主にとっては非常に魅力的な土地活用と言われております。

介護施設運営の事例

このような方にオススメします!

社会的貢献性を重視する方

自分の資産を活かして社会のために」という意識の高い人にとって、介護施設経営は最適な土地活用です。

代々残してく予定の土地なので、人のためになるような土地活用がしたい
他に賃貸住宅等の不動産は所有しているので、社会貢献性重視で土地活用を検討したい


まとまった大きさの土地を安定的に活用したい方

大きな土地を活用する際に必ず出てくる懸念が「需要と供給の問題」であり、「とりあえず土地を小分けにして小さく始める」ということはよくある話ですが、介護施設経営では大きな土地を最大限に安定的に活用することが可能であり、そういったニーズのある人にとっては最適な土地活用といえます。

土地の規模が大きいので一般の賃貸住宅では戸数が多くなってしまい、空室が心配
折角のまとまった土地なので、小分けにせず、最大限活かして一体で活用したい


駅から離れたところに広い土地をお持ちで、収益性の高い活用を望まれる方

介護施設経営の大きなメリットとして、「駅からの距離等のアクセス性に大きく左右されない」ということが挙げられます。
当然、アクセス性は良い方が良いに越したことはないですが、介護施設経営ではアクセス性よりも住環境が優先されるため、周辺の生活利便施設さえ整った場所であればアクセス性が良くない場所であっても、相対的に収益性の高い土地活用が可能です。
また、介護付き有料老人ホーム等の要介護度の高い人向けの施設では、地域毎の需給バランスが重要であり、アクセス性も住環境も良くない場合でも大きな問題とならないケースも多くあります。

所有地が駅から遠い土地なため、一般の賃貸住宅等は不向きと言われた
駅からの距離が遠いため、駅前の物件よりもかなり安い賃料で貸している


すでに賃貸住宅経営をされていて、他の土地活用で節税をされたい方

節税効果のある土地活用というと「住居系の土地活用」に限られるため、主に「賃貸住宅経営」か「住居系の介護施設経営」に絞られてきます。
中でも、賃貸住宅経営は最も一般的であり、全国的に飽和しているエリアも多いですが、 介護施設経営はまだまだ足りていない地域が圧倒的であり、節税効果を重視する人にとっても検討価値の高い土地活用です。

相続税対策で土地活用を検討しているが、既に所有している賃貸住宅と競合しないような土地活用がしたい
節税効果を重視するが、賃貸住宅は飽和しているため他の土地活用を検討したい


坂本組での事例

事例1:リアンレーヴ(伊勢原市)

事例2:ケアプロ21(伊勢原市)


Access / お問い合わせ
株式会社 坂本組

モデルハウス・リフォーム・断熱・不動産活用・民間工事・公共工事・物件情報 など、不動産にお困りのお客様のお問い合わせをお待ちしております。


【対応エリア】
神奈川県 伊勢原市、平塚市、厚木市、秦野市、高座郡寒川町、海老名市、他

【お問い合わせ】

0120-980-858 0120-980-858

(9:00~17:00 ※日祝除く)

※必ず、お名前とお問合せ内容のご記入をお願い致します。
※メールでのお問い合わせは、回答に時間がかかる場合がございます。